重層的非決定

モーニング娘。

L. Althusser

(たとえばモーニング娘。とアルチュセールを*同時に*語る、ということ)

日々思いついたいろいろな話を無責任に書きなぐるモノローグ

アドルノ!

私個人のメモ。他人が読んでも意味なし。でもどうしても一言突っ込まずにはいられないのだ。王様の耳はロバの耳。

「問題はビジョンの有無ではなく道重さゆみへの誹謗中傷である」

「道重造反」という文章で、道重さゆみに投げつけられた言葉は、(上記エントリでは「下衆の勘ぐり」と表現したが)、明らかな誹謗中傷である。一般人や一般企業に置き換えてみるならば、「あいつは実力もないのに社長に取り入っておねだりを繰り返しているフシがある。そうして美味しい仕事を貰って嬉しいのか」「あの企業は実力もないのに監督官庁に取り入って業務を受注している」というのと何ら変わらないことを言っているのである。それは刑法231条(侮辱罪)や233条(信用毀損罪)に該当してもおかしくない発言だと私は考えている。

他者の、アイドルがラジオでおこなった発言に対する批評に対して、刑法を持ち出し、

「これ以上言いたければ御自分のブログでどうぞ」とコメントを拒絶したつばめ氏。「もうわたしのブログにはコメントしないでください」とコメントを拒絶したはたの氏。そして今回、わたしの真摯な疑義には一切答えずTBを反映させないようにしたハッチマン氏。この3者を並べたとき、私は深い驚きを禁じえない。この3者がいずれも高橋愛のファンであることは単なる偶然なのであろうか、それとも何らかの内的な関連性があるのだろうか。その点について精神分析学的観点から考察したら、何か興味深いことが分かるだろうか。

「お前とは話しても無駄」と言われると、末代まで(笑い)逆恨みし、

「アンジェラスさんが誹謗中傷に同調しないことが分かって安心しました」のサイト主自身のコメントより。

誹謗中傷。これを今「1+1=4」と表現する。

誹謗中傷はいけない。という主張を「1+1=2」と表現する。

 「1+1=4」の主は、「1+1=2」の言い方がイヤミで不快だったから「1+1=4」を撤回できないと言う。これは甘え?責任転嫁?アタシはアンタのママじゃない。

かと思えば、「1+1=2は確かに正論ではあるが、それでは相手のメンツも立たないし、現場で顔をあわせたときにバツが悪いので、ここは妥協点を見出して1+1=3ということで手を打つのが大人の態度ですよ」という人もいる。ま、たしかに世の中は無数の1+1=3で成り立っているとは言え(深いため息)。

「1+1=2」だと指摘した人間が「1+1=4」を個人的に許容したところで、「1+1=4」が虚偽から正答に変わるわけなどない。また「1+1=4」は悪気がなく根はいいヤツなんだ、と言ったところで「1+1=4」が正答になるものでもないし、「1+1=2」だと指摘した人間に「1+1=4」を許容する権利や資格があるわけもない。

本質的には以上。

アイドルの発言への批評に対する「誹謗中傷」という己のレッテル張りは「1+1=2」と同等の正当性を有していると勝手に決め込む。

「モヲタ言説空間におけるコミュニケーションの可能性について」での同じサイト主の発言。

>itaさんは、ハーバーマスぽいなって

よく知らないし、ハーバーマスは理解しがたいんですが、直感的には、どうも好きになれません。

近親憎悪??

あの討議的理性とか、独特の立憲主義思想が、どうも眉唾に思えます。

アドルノが生きていたら、痛烈に批判するだろうと、思わなくもない。

僕は自分では、アドルノの徒だと最近感じております。

いつも怒っているような感じとか、極端なところとか、シェーンベルクが大好きなところとか、

自分では似ている気がします、アドルノの文章も難しくて、なかなか理解が及びませんけれど。

で、自分はアドルノの徒である、と。どこがやねん(爆笑)。


それからするとこの人を「ハバーマス」っぽい、と指摘した人は結構鋭いとはいえるかもしれない。もちろん超劣化版ハバーマスだけれど。というかハバーマスの名前も出してほしくないけれど、でもアドルノかハバーマスかという究極の選択なら、断然ハバーマスだろう、と。

[280] はたの (2008/10/29(Wed) 17:19:24)
投稿パス:


名前:  題名:

パスワード: