重層的非決定

モーニング娘。

L. Althusser

(たとえばモーニング娘。とアルチュセールを*同時に*語る、ということ)

日々思いついたいろいろな話を無責任に書きなぐるモノローグ

イデオロギーについての思いつき

イデオロギーについてのほとんど思いつきレベルの素描。

イデオロギーは確かに「機能」をもっている。ただしその存在のあり方は歴史に依存している。

イデオロギーの存在形態それ自体は必ずしも機能的ではない。歴史に依存したその存在形態において、イデオロギーは機能的なのだ。

結局、右翼ってなんだろう?

毎日新聞1月31日付夕刊「中島岳志的アジア対談 結局、「右翼」ってなんだろう?」対談相手は片山杜秀さん。

中島 僕は例えば、右翼とは基本的に一君万民の思想だと思う。天皇という超越を掲げれば、すべての民衆は一般化されるという平等思想ということです。

片山 失われた美しい過去や母なるものへの回帰が、広い意味での右翼の定義だと思います。・・・母なるものや天皇など、弱者としての自分を包んでくれるものが不可欠になる。右翼の右翼たる所以です。

一方、一君なしの万民思想が左翼でしょう。その前提は「自立した孤独な個」が対等に連帯することでしょうが人間はそんなに強いものでしょうか。競争社会に疲れ、個の自立も信じられない人は、誰でも右翼になれる。そう思いますね。

中島 左翼には普遍的な展望を考える理性への信頼がある。・・・それに対して右派は、人間は何かに限定されていると考えます。自分を限定する時代や空間に自覚的です。・・・左派には未来への理想があり、右翼は過去に理想がある。

片山 ところが今は、単なる反左翼や現状追認が右翼や保守とされる。右翼が反近代、反西洋で、アジアへの回帰の思想とすれば、例えば国際関係なら、反米で、インドや中国とのブロックを構想するのが右翼になる。でも今の日本ではそうは使われていませんね。この言葉の混乱が思想の混乱を招いている。

うっそお、と思ってしまった。ここで定義されている右翼とは単にある理想的な「右翼」であってそんなものは特定の思想家の思考の一部分を理念的に取り出したものでしかないのではないか。

「アジア対談」だからナチズムとかは考慮の外なのか。あれって「一君万民」か?「一君」とか「過去のユートピア」が左右を隔てるポイントだというのが理解できない。いや、言っていることは分かるけれど、ものすごく表層的な理解だとしか思えない。一方スターリニズムとか北朝鮮だとか、顕著なまでの権威主義に毒されたアレだって私はやっぱり「左翼」だったと理解すべきだと思う。そしてここにはどこにも「自立した孤独な個」など存在しない。

今の時代の「ウヨ」「サヨ」をとらえる上でも全くこの対談の定義は使えない。それ自体は両者とも自覚的ではあるとはいえ、だとしたら「言葉の混乱」などでごまかさないで、いまの「ウヨ」とは何なのか、少しは触れてもらわないと今の時代が見えてこないではないか。

今の「ウヨ」とは単に「言葉の混乱」の末の誤用に過ぎないのだろうか。「ウヨ」が右翼を名乗るその選択にはそれなりの必然性、納得感はあるのではないか。

「右翼」「左翼」を論じる際にはまずは経済的な立場と思想的な立場(イデオロギー)はとりあえず切り離しておいた方がすっきりする。そしてこの対談の趣旨からしてもここで問題にしているのはイデオロギーとしての「右翼」だろう。イデオロギーと経済的な土台とは整合しない方が普通である。それがイデオロギーのイデオロギーたる所以だ。

こうしていったん切り離した上でイデオロギーとしての「右翼」「左翼」を考えれば、私は「一君」ではなく、「共同体」をキータームに据えるのがよいと思う。閉ざされた共同体の価値を尊重し、そのためなら外部の価値を否定・攻撃することも厭わないのが「右翼」、ある理性的・合理的な価値を措定し、それに従って共同体も編成されるべきだと考えるのが「左翼」。繰り返すが、あくまで「イデオロギー」として、である。経済的土台においては両者はむしろ逆立している。何となればイデオロギーとは経済的土台の積み残しを保管するべきものだからである。

今の日本の「ウヨ」とはまさにこのイデオロギーとしての右翼思想を見事に体現している。経済的なアメリカ的グローバリズムの「被害者」たちが自らの属する(と想像する)共同体的価値を死守しようとして排外主義に走る。もちろんかれらの世代の文化的共同体とは明治以来受け継がれてきた脱亜入欧的価値観に彩られたものである。

ついでに「イデオロギー」概念も今はすっかり評判が悪いが、経済的土台と思想とのねじれ、逆立をとらえる概念としては悪くない。イデオロギー概念をあまりに機能主義的にとらえてしまうと確かに危ないが、経済と社会思想において矛盾対立した事柄が同時に併存する状況を理解する概念装置としては十分有効だと思う。

本当はもっといろいろ突き詰めて考えたいテーマだが、今のところこのあたりが限界。

5年前の私でも考えついたよ

サーバの設定ついでに昔自分の書いた記事をつらつら読み返したりしている。ああ、あの頃は熱かったなあ、などと思う記事を読んでは、今の冷め切った自分の状況を改めて思い知らされたりする。まだ何かを求めてあがいていたあの頃、私は今よりも幸せだったのだろうか。希望を求めてあがくというのは辛いものだ、それでも私はあるものを求めてあがいていた。今は手に入るものしか求めなくなった。日々最低限度の仕事をし、ほんの少しの誇りを抱き、そして可能な限り寝る。そうして一年が無難に過ぎていく、そんな毎日。

そんな過去のあがきの日々に書いた「言論の自由」に関する一文、「落ち着きたまえ、心配することはない。言論統制はちゃんとされるさ」。5年たっても一人の人間の考えることは変わらないものだ。ネット言説をはじめとする今の言説状況に絶望しながら、なお「言論の自由」は死守しなければならぬ、と考える。言葉は人を傷つける、しかしそれでも言葉は制限されてはならない。この矛盾した要請をとことんまで突き詰めて考えること。今も5年前も変わらず同じことを考えている。

幽霊言説

?のつく方にあげたエントリだが、本来こっちにあげるべきエントリなので、こっちにも再掲。

ある事象に関わる二つの立場があったとしよう。仮にそれをA,Bと呼ぶ。その事象について当事者意識をもって何かを述べるものは、A,Bいずれの立場に立って語っているのかが明らかであるというのが一般的だ。もっとも第三の立場というものも成立する。A,Bいずれの立場とも異なるCという立場を取る、それも可能だ。しかし「当事者意識を持って」いる限り、CもまたA,Bと同じ地平にある。ある事象の登場人物として直接は立ち現れてこなくても、Cもまたこの事象に関して一定の利害関係を担う隠れた登場人物としてそこにいる。

こうした「当事者性」を保持した語りとは全く別の言説がある。その事象のどこにも存在しておらず、あるいはその事象のどこにも関わらないことを暗黙的・明示的に語り続ける言説である。その言説には立つ場所がない。何の足場も持たず、ただどこからか漂ってきて、その場限りの言葉を投げ捨てる。その事象に関する利害関係はない(と主張する)、それ故己は客観的だ(と主張する)、そうして事象に関わる利害闘争には巻き込まれず、己の安全は担保にとって、事象に対して言葉を投げ捨てる。このような言説を「幽霊言説」と呼ぼう。

2chは匿名を基本とするが故にこの「幽霊言説」を生産し続ける。しかし匿名性が幽霊言説の本質ではない。ただ自分は事象とは直接関わらず、すなわちAともBとも独立の立場であることを表明し、しかるにCの立場性を説明もしないでいることこそがこの「幽霊言説」の構造である。

この幽霊言説は鵺のように立場を自由に移動させうる。ああいえばこういう、それが可能である。少なくとも正体を明かさず、あれこれいうのだから、まずはおまえは何者かを問うところから始めないと話が始まらないのだが、その正体を明かすことをひたすら遅延し続ける。時には法律だ、一般常識だ、それを振りかざして己の立場を明かさない。

不毛だ。疲れる。

祝い

小泉内閣終了。

教育社会学会の感想については後日。